注文住宅の価格を135万円も安く購入できた方法とは?

【PR】タウンライフ 

注文住宅の価格に関する不安を解消するため、この記事では135万円節約した実例を基に、賢い予算の立て方と節約テクニックを紹介します。

具体的な交渉のコツから節約した資金の活用法までを詳しく解説し、理想の家を実現するための実用的なアドバイスを提供します。

これにより、家づくりの計画を楽しみながら進めることができるようになります。

まだ具体的に工務店やハウスメーカーを考えていない方はこちらで資料を一括申請できますよ♪

ぜひご活用してみてください。

135万円の節約を達成した施主の経験談

注文住宅を建てるとなると、どうしても出費は大きくなりがちです。

しかし、今回紹介する私の方法により、なんと135万円もの節約を実現しました。

私がどのような選択をし、どんな方法を用いてこれほどの節約を達成したのか。

その秘訣を共有させていただきます。

私の節約成功の背景には、まず私自身が自分の「こだわり」を明確に持ち、それを基にした選択をしたことがあります。

例えば、必要な機能を持ちつつも価格が手頃な設備を選ぶ一方で、内装や外壁材にはシンプルでコストパフォーマンスの良いものを選びました。

また、自分が一番力を入れたい部分を見つけ、それ以外の部分で無駄を削減することに専念しました。

更に重要なのは、建築会社との交渉で自分の意向をはっきりと伝え、見積もりを調整することに成功したことです。

施主自身が望む家を明確にイメージし、それを具現化するためのプランを組み立て、工務店とのコミュニケーションを通じて最適なコストを見つけ出す。

これが、注文住宅の価格を抑える上での基本的なアプローチと言えます。

一見、難しそうに感じるかもしれませんが、自分の望む家を手に入れるための努力と工夫は決して無駄にはなりません。

注文住宅の価格を抑えることで、理想の住まいを手に入れるだけでなく、生活全体の質を向上させる可能性があるのです。

私がどのようにして135万円を節約したのか?

新築2年目の私が一体どうやって135万円もの節約を実現したのか?

私の戦略はまさに「プランニングの見直し」

当初は贅沢な仕様で考えられていたプランも、見直しを行うことで劇的にコストダウン。

キッチンやバスルームなどの設備は高性能なものを選ぶ一方で、内装や外壁材はシンプルでコストパフォーマンスの良いものにすることで、注文住宅の価格を抑えることができました。

そして、家づくりの過程でどこに一番力を入れたいのかを見つけ出すことで、無駄な部分を徹底的に削減したのです。

施主がどのような選択をしたのか、節約に至った背景

【PR】タウンライフ 

私が節約に至った背景をお伝えします。

それは、私自身が何を求めているのかをしっかりと理解し、それを基にした選択をしたからです。

私は優先順位を明確にし、それ以外の部分では無駄を削減することに専念しました。

また、工務店との交渉力も私の節約を後押ししました。

注文住宅の価格に大きく影響する建築会社との交渉は必須です。

私は自分が何を望んでいるのかを明確にし、その上で複数の工務店から見積もりを取り、細かな仕様変更やオプション追加による価格変動をチェック。

それにより、無駄を省いた最低限の仕様に絞り込むことができたのです。

これらの選択とその背景を理解することで、注文住宅の価格を抑えるためのヒントを得ることができます。

自分のこだわりを見つけ、それ以外の部分で無駄を削減し、工務店との交渉を有利に進めることが、注文住宅を手頃な価格で手に入れるための鍵となるでしょう。

実際に行った相見積もりはここから取りました!

注文住宅の価格を下げるための主要な要素

注文住宅の価格を下げるための要素は、主に4つ存在します。

  • 「土地選び」
  • 「プランニング」
  • 「材料選択」
  • 「建築会社との交渉方法」

それぞれについて詳しく見ていきましょう。

土地選び

まず、「土地選び」です。

土地選びは注文住宅の価格に大きく影響します。土地は全体のコストの中で大きな割合を占めるため、節約の大きなカギとなります。

具体的には、土地の価格だけでなく、その立地条件も重要です。例えば、市街地よりも郊外の方が土地価格は安いですが、通勤や生活の利便性を考えると、それが最良の選択であるとは限りません。

土地選びは、価格だけでなく、ライフスタイルに合った選択をすることが大切です。

プランニング

次に、「プランニング」です。

良いプランニングにより無駄なコストを抑え、より価格を抑制することが可能です。

プランニングは、建物の設計を意味します。

無駄なスペースを排除し、必要最低限の機能を満たすプランを作ることで、価格を下げることが可能です。

例えば、大きなリビングを望むなら、その分子供部屋の広さを犠牲にするといった優先順位を決めることが重要です。

材料選択

次に「材料選択」です。

建築材料は、その性能やデザインにより価格が大きく異なります。

高価な材料を選ぶと当然家全体の価格は上がりますが、価格だけでなく耐久性や保温性、見た目なども考慮に入れて選ぶべきです。

例えば、価格は高いですが、メンテナンスが少なく、耐久性が高い外壁材を選ぶと、長期的に見れば節約に繋がることもあります。

建築会社との交渉方法

【PR】タウンライフ 

最後に「建築会社との交渉方法」です。

建築会社とのうまい交渉により、価格を抑制することが可能です。

具体的には、見積もりを取る際には、自身の予算と要望をはっきりと伝え、理解してもらうことが大切です。

また、見積もりが高く出た場合でも、一度はそのまま受け入れるのではなく、どこを見直せば価格を下げられるか具体的に相談することも重要です。

相見積もり資料請求することでどこが高いのか見極めができます。

これらの要素を踏まえながら、自分のライフスタイルに合った注文住宅を計画し、価格を抑えるための選択をすることが大切です。

そして、その結果として、自分だけの理想の家を手に入れることができるでしょう。

注文住宅を安くする具体的なテクニック

注文住宅の価格を下げるための具体的なテクニックは、大きく分けて「プランの練り直し」「無駄なコストを削減する方法」「費用を削減できる自分でできる作業」の三つがあります。

それぞれについて詳しく解説します。

プランの練り直し

「プランの練り直し」は、注文住宅の価格を下げるための最も効果的なテクニックの一つです。

その理由は、注文住宅の価格は設計段階でほとんど決まるからです。つまり、プランを練り直すことで無駄を省き、最適な住宅を低価格で建てることが可能となります。

具体的には、無駄な廊下を減らす、部屋の数や広さを最適化する、といった工夫が求められます。

それにより、注文住宅の価格を大幅に下げることが可能になるでしょう。

無駄なコストを削減する方法

次に、「無駄なコストを削減する方法」です。

これは、具体的には建築工事中に起こり得る無駄を削減することで、結果的に注文住宅の価格を下げるテクニックです。

具体的には、現場管理をしっかりと行い、建築工事中のムダな時間や材料の無駄を省くことが重要です。

これには、建築会社とのコミュニケーションが大切となります。

費用を削減できる自分でできる作業

【PR】タウンライフ 

最後に、「費用を削減できる自分でできる作業」です。

これは、手間を惜しまず自分で行える部分は自分で行い、その分の費用を削減するというテクニックです。

例えば、内装の一部や家具の組み立て、あるいは庭作りなど、専門的な知識が必要ない部分は自分で行うことで、大きな節約となります。

これらのテクニックを用いて、注文住宅の価格を下げることができます。

それぞれのテクニックは、実際に私が実践し、135万円の節約に成功した方法です。

これらを参考に、自分の理想の注文住宅を低価格で実現しましょう。

私が初め右も左もわからない時にここから始めましたよ!

節約したお金をどのように活用するか

注文住宅を建てる際に上手に節約を行うことで得た余裕資金。

それをどのように活用するかは、個々のライフスタイルや価値観に大きく依存します。

以下に、一般的に見られる活用例「内装に注ぐ」、「ローン返済に充てる」、「ガーデニングや家具に使用する」について詳しく見ていきましょう。

内装に注ぐ

節約したお金を「内装に注ぐ」ことは、自分だけの特別な空間を作り出す大きなチャンスです。

その理由は、内装は住宅の雰囲気を大きく左右するからです。自分の好きな素材や色、デザインを選ぶことで、住み心地や満足感を高めることが可能になります。

具体的には、節約したお金で高品質なフローリングを選んだり、デザイナーズ家具を揃えたりすることが可能です。

それにより、自分だけの特別な空間を作り出すことができます。

ローン返済に充てる

次に、節約したお金を「ローン返済に充てる」選択もあります。

その理由は、ローン返済額を減らすことで、毎月の生活費に余裕を持つことができるからです。

具体的には、節約した金額をそのままローン返済に充てることで、返済期間を短縮したり、毎月の返済額を減らしたりすることが可能になります。

ガーデニングや家具に使用する

最後に、「ガーデニングや家具に使用する」方法です。

その理由は、庭や家具は日々の生活を豊かにし、生活の質を向上させる重要な要素だからです。

具体的には、節約したお金を利用して、趣味のガーデニングに投資したり、好みの家具を揃えたりすることができます。これにより、自分だけの空間をより快適で楽しいものにすることができます。

注文住宅で節約したお金の活用方法は、あなたの価値観や生活スタイルによります。

いずれにせよ、それらはあなたの人生を豊かにし、満足度を高めるための重要な投資となるでしょう。

まとめ: 注文住宅を安くするために

注文住宅を建てることは一生に一度の大きな出費ですが、実は、ちょっとした工夫と知識で135万円もの節約を達成できます。

それが実際に私が実行した内容です。

私が取った選択や節約に至る背景を理解することで、私たち自身も同様の節約を行うヒントを得ることができます。

私が注文住宅の価格を下げるために重視したのは「土地選び」、「プランニング」、「材料選択」、「建築会社との交渉方法」の4つの要素でした。

土地選びは初期コストを抑えるために重要で、プランニングや材料選択は中長期的なメンテナンスコストを考える上でも大切です。

また、建築会社との適切な交渉方法は意図した価格で家を建てるために必要です。

さらに、注文住宅を安くするための具体的なテクニックとして「プランの練り直し」、「無駄なコストを削減する方法」、「費用を削減できる自分でできる作業」が挙げられます。

プランの練り直しによって無駄なスペースを減らすことや、自分でできる作業を自分で行うことで労力と引き換えに節約できます。

そして最後に、節約したお金は様々な方法で活用することができます。それは「内装に注ぐ」、「ローン返済に充てる」、「ガーデニングや家具に使用する」など、あなたの生活スタイルや価値観によります。

無駄を削減したことによる節約金は、あなたの人生を豊かにし、満足度を高めるための重要な投資となるでしょう。

節約は単なるコストカットだけでなく、より良い生活のための投資であることを理解することが大切です。

私の経験を参考にしつつ、自身のライフスタイルに合わせて適切な節約とその活用を行うことで、より満足度の高い注文住宅を手に入れましょう!!

【PR】タウンライフ 

【間取り】【資金計画】【土地探し】あなたのオリジナルの家づくり計画書を全て無料でお作りします。
簡単3分でネット一括依頼!!
【間取り】【資金計画】【土地探し】あなたのオリジナルの家づくり計画書を全て無料でお作りします。
簡単3分でネット一括依頼!!